富士・箱根・伊豆バスツアー・貸切バスの専門旅行会社|三嶋観光バス株式会社
TEL
0120-750-559
月〜土 9:00〜17:30(祝日を除く)

第5回

36番札所〜43番札所

三十六番札所 乗安寺(賀茂郡河津町)

上人を救いまつりし乗物を今に伝えて安らぎの里
山号 長運山
日蓮宗
創建年月日慶長年間(1596~1615年)

三十七番札所 地福寺(賀茂郡河津町)

暁はまだはるかなり地福寺なおもとなへよあびらうんけん
山号 玉田山
曹洞宗
創建年月日不明

三十八番札所 禅福寺(下田市白浜)

波の音たえせぬ御法の禅福寺往き来のひともたのしかるらむ
山号 興国山
曹洞宗
創建年月日不明

三十九番札所 観音寺(下田市須崎)

ありがたやわが名をとなう寺なれば闇は須崎の泥と消えなむ
山号 西向山
曹洞宗
創建年月日不明

四十番札所 玉泉寺(下田市柿崎)

願いをば出船入船ぎょくせんじいかりをとどめみ仏のかげ
山号 瑞龍山
曹洞宗
草創・1573-92(天正年間)

天正以前は真言宗の草庵であった。天正年代(1580)一嶺俊栄僧より曹洞宗に改宗され、現在に及ぶ。嘉永元年(1848)二十世翠岩眉毛和尚の代に現在の本堂が落成。 400年の歴史を有する古刹である。

嘉永7年(1854)3月、日米和親条約の締結により、下田が開港され同年5月下田条約が結ばれると、玉泉寺は米人の休息所、埋葬所に指定された。
米国初代総領事、タウンゼントハリスとお吉の物語で有名な寺で、米国初代総領事館として使用された。併設のハリス記念館では、領事館当時愛用の品々や関連資料などを展示。その他、吉田松陰の遺品や日本最古の銀板写真なども収蔵展示されている。アメリカのカーター元大統領や天皇陛下も訪れたという有名な寺。

境内に「牛乳の碑」がある。安政5年(1858)2月ハリスは、政務多忙を極め病気なった。侍女お吉はハリスが牛乳を欲しがっている事を知り、禁を犯して和牛の乳を集めハリスに毎日与えた。ハリスが15日間飲んだ9合8勺の牛乳の代価が1両3分88文、米3俵分に相当したと言われている。当時牛乳がいかに高価で貴重なものであったか想像できる。
このことが日本における牛乳売買の初めといわれ牛乳の碑が建てられた。

四十一番札所 海善寺(下田市)

巡り来てよき海の寺波音もみ名をとなうるほうのこえごえ
山号 富厳山
浄土宗
創建年月日不明

四十二番札所 長楽寺(下田市三丁目) 

くもりなき瑠璃の光に長楽寺人の心の月ぞすみける
山号 大浦山
真言宗
草創・不明

創立年代は不明。言い伝えによると、別の所にあったものを弘治元年 (1555)現在地に移転。本尊・薬師如来像は、大浦鍋田湾より出土したもの。安政元年 (1854)12月21日、ロシア使節海軍中将プチャーチンと日本全権筒井政憲・川路聖謨との間で 日露和親条約が締結された場所。安政二年(1855)1月5日、米国使節アダムス中佐と日本側応接掛井戸対馬守等の間で日米和親条約の批准書が交換された。

宝物館に資料がある。お吉観音や悲恋のおすみ弁天などを拝観できる。
宝物館入館大人200円、小・中学生100円
長楽寺の梵鐘は、伊豆八景の一つ「長楽寺の漏鐘」と称され、江戸期には「時の鐘」として下田港の出船入船や町民に親しまれた。
伊豆八十八ヶ所四十二番札所・伊豆横道三十三ヶ所霊場二十三番札所・伊豆国七福神「大就弁財天」札所を兼ねる。

四十三番札所 大安寺(下田市四丁目)

はるばると登りておがむ仏世尊御世安楽を祈りこそすれ
山号 乳峰山
曹洞宗
草創 不明
本尊 釈迦如来

創立年代は不明。創建当時は因善寺と称し、真言宗であった。天正十八年 (1590)僧、寂用英順が二世となり、曹洞宗に改宗と伝えられる。山号の乳峰山は、裏山の形状が乳房に似ている事から付けられた。

薩摩十六烈士の墓(下田市指定史蹟)が建立されている。貞享五年(1688)3月、日向国佐土原藩主が将軍家御用材を江戸へ送る途中、遠州灘で嵐に遭い、積荷の一部を海に捨てて危うく遭難を逃れ下田に入港した。しかし御用材を捨てた責任を取り、乗組員16名は3名の武士を含め15歳の少年七蔵まで全員が切腹。大安寺に埋葬された。船に残っていた柘の木は寺に寄進され、本堂の柱になっている。

その他、幕末開港時のペリー艦隊の入港中(1854)当寺において米人が遊女を写真にとっている錦絵が保存されている。境内から清水が豊富に涌き出ており、町の水道源として利用された時期もあった。