富士・箱根・伊豆バスツアー・貸切バスの専門旅行会社|三嶋観光バス株式会社
TEL
0120-750-559
月〜土 9:00〜17:30(祝日を除く)

第12回

85番札所〜88番札所・奥の院

八十五番札所 大聖寺(西伊豆町安良里)

波風の荒れて常なき苦の海を法のみ船の渡す彼の岸
山号 授宝山
臨済宗(円覚寺派)
草創・1318~1339年

石段を登った高台に本堂が在る。本堂天井の龍の彫刻が印象的。細い石段の脇にはいくつも不動明王の石像が建ち威厳を放っている。境内からは安良里の村が一望でき、安良港が望める。冬は梅が、春は桜が美しく咲く苔生した風情ある古刹で、いかにも霊験あらたかな雰囲気を醸し出している。現在も漁業関係者、海運業関係者から深い信仰を受けている。

御由緒としては文覚上人の伝説がある。聖徳太師の作と言われている本尊・不動明王像は、文覚上人の護持仏だった。治承3年上人は、故あって伊豆に配流される。途中、海路遠州灘で大暴風雨に遭い、危うく難破しようとした時、尊像に祈念し、無事、伊豆到着したと言われている。

八十六番札所 安楽寺(伊豆市土肥)

思はずも瑠璃の岩窟を訪ねれば諸人すくう安楽の寺
山号 吉祥山
曹洞宗(最勝院・末)
草創・不明

663(天智天皇時代)行基が、当地に来て自から彫り上げた、如来像を祭祀したのが始まり。その後、山崩れで再興不能になり、荒廃が続きく。天文三年 (1534)最勝院の僧・精賢が寺を整え安楽寺と改称し曹洞宗に改宗。

山門入口には、樹高25m、胴回り14.2mにもなる、大楠の巨木がある。この巨木は樹齢千年を越えるという。静岡県指定天然記念物に指定されている。

土肥温泉発祥の湯と言われる“まぶ湯”が境内にある。起源は江戸時代までさかのぼる。多くの人々が薬効を求めて入浴したというまぶ湯は“医王泉”“砂金風呂”と言われていた。現在、入浴はできないが、まぶ湯鉱内最深部には女性自身を形どった御神体を祀った夫婦神社があり夫婦円満や安産祈願等に御利益があると訪れる人も多い。まぶ湯拝観は、有料(150円)

八十七番札所 大行寺(沼津市戸田)

法の聲いつも専修の大行寺峯松風谷川の水
山号 祥雲山
臨済宗(建長寺派)
草創・1192(建久3)年

僧・三誉上人が創建。天保八年 (1837), 明治十三年 (1880)と二度の火災で古記録等一切を焼失し、当時の記録は建物とともに失われた。現在の建物は、旧水野領の名主・斎藤本家(入浜)を移築したもので、宝泉寺本堂につぐ村内(旧戸田村)古建築と推定される。

納戸、出窓など書院造りの面影が窺える。境内に保存されている「竜の鬼瓦」でも昔を偲ぶことができる。境内の東南に観音堂があり、海中出現の秘佛・聖観世音菩薩を祀っている。

境内にある「小笠原領 応接所」と書かれた記念碑は沼津市指定文化財。安政元年 (1854)日露和親条約が結ばれ、翌年二年二月ここで日露交渉が行われ ロシアと条約を交わした時の記念碑。来日中のロシア使節プチャーチン提督は、安政東海大地震の被害により、座乗鑑ディアナ号を失い、代鑑建造地の戸田に滞在していた。幕府は先に締結した和親条約(第6条、領事駐留)改訂のため、勘定奉行川路左衛門尉聖謨を全権として戸田へ出向かせた。当時は、鎖国中の日本。「ロシアの駐留所を下田と函館へ置く」という一文を改定すべく、川路は大行寺を応接所に当て改訂交渉を行った。

八十八番札所 修禅寺(伊豆市修善寺)

米の数うつす四国のほうの花願いを結ぶ桂谷の湯
山号 肖廬山
曹洞宗
草創・807(大同二年)
大日如来像(重要文化財)。

修善寺温泉発祥の寺。温泉場の中心にあり、平安初期の大同2年(807年)に弘法大師が開基。当時は地名が桂谷と呼ばれ、桂谷山寺といわれた。伊豆国禅院一千束と正史に記されたほどの格式の高い寺である。本尊の大日如来像は国の重要文化財。源範頼、頼家が幽閉されるなど源氏興亡哀史の舞台にもなった。

大師が寺の前に流れている桂川で病の父親の体を洗う少年を見つけ、その孝心に心を打たれ「川の水では冷たかろう」と、手にした独鈷杵(仏具)で川中の岩を打ち、 霊泉を湧出させた。大師は父子に温泉療法を教え、十数年の病はたちまち平癒したという伝説がある。 その後この地方には温泉療法が広まった。

延徳元年(1489年)韮山城主の北条早雲が外護者として再興し、叔父の隆溪繁紹(遠州石雲院)が住して曹洞宗に改宗され山号も福地山と改められる。宝物館(瑞宝蔵)には指月殿に北条政子が寄進した経文数千巻のうちの第23巻が静岡県指定文化財として置かれているほか、修禅寺物語ゆかりの古面などが展示。(スロープもあるので車椅子でも見学可能)

毎月21日に「修禅寺弘法市」という弘法さんの縁日が境内で実施される。取れたての新鮮野菜や修善寺の特産品を安価で販売。弘法大師が18歳の時に修行した、桂谷の山寺(現在修禅寺奥の院、正覚院)はここから約5km奥。